エンジニアとして会社に勤めていると、朝から晩までびっしりと仕事をしている方が多いと思います。「1日の半分以上は、パソコンの前に座っている」という方も多いでしょう。「会社に出社してしまえば、後は仕事をするしかない」と感じている方も多いと思います。しかし、フリーエンジニアとなれば、時間の使い方は自由になりますから、休暇もつくりやすいんですよ。

というのも会社に所属し、エンジニアとして仕事をする際には、働く時間が決められていますよね。最低でも、午前9時から午後6時までは、仕事をしなくてはいけない環境の方が多いと思います。
しかし、フリーエンジニアの場合には、どの時間帯に仕事をしても構いませんし、仕事の進め方も自分でコントロールすることが出来ます。

例えば、「2週間後には、海外旅行を予定している」という時には、その旅行までに仕事を済ませれば、その後は旅行を満喫することが出来るということ。旅行前には、夜中まで仕事をしなければいけないこともあると思いますが、仕事量をコントロールすることで、休暇も自由につくることが出来るということ。会社勤めの時には、どんなに仕事を一気にこなしても、その後も出勤しなくてはいけませんから、休暇はつくりにくいでしょう。有給休暇などがあっても、何十日という休暇を取ることは、難しいでしょう。

このように、フリーエンジニアになれば、仕事をする時間、仕事の分量、仕事のコントロールは自分自身で自由に行うことが出来るため、休暇もつくりやすくなります。休暇をつくることが出来、旅行を楽しんだり、趣味の時間を持てることが出来れば、仕事の時間もプライベートの時間も充実させることが出来ます。休暇を満喫することで精神的なゆとりができ、適度なリフレッシュがフリーエンジニアとしての仕事のパフォーマンスを上げるコツでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です